御朱印たび

泉岳寺 ~赤穂四十七義士墓所、御朱印帳は忘れずに!~

f:id:gosyuintabi:20180602234421j:plain

 

(参拝日:平成30年4月7日)

 

 

萬松山 泉岳寺 曹洞宗江戸三ヶ寺

萬松山 泉岳寺(まんしょうざん せんがくじ)は東京都港区高輪にある曹洞宗の寺院です

ご本尊は釈迦如来、当初は外桜田(そとさくらだ、現在の桜田門周辺、日比谷・霞が関)に慶長17年(1612年)創建。寛永の大火で焼失した後、徳川家光の命により毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の大名により、高輪に再建ました

この関係により浅野家との縁が始まり、現在は赤穂四十七義士の墓所として有名なお寺となっています

曹洞宗江戸三ヶ寺(青松寺・総泉寺・泉岳寺)の一つであり、僧侶の養成機関である泉岳寺学寮は、三学寮の一つとして名を馳せていたそうです

この三学寮は、吉祥寺の旃檀林学寮・青松寺の獅子窟学寮・泉岳寺の学寮で、これらが後に統合して現在の駒澤大学になっています

ちなみに現在でも僧侶を目指して大学で学びながらここで修行をしている方もおられるそうです

アクセスは都営地下鉄浅草線 泉岳寺駅より徒歩2分

開閉門時間は7時から18時(冬期は17:00)となっています

お寺の公式ホームページはこちらです

曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

  

御朱印

御朱印は本堂右手の寺務所でいただけます

看板も出ているのでわかりやすいです

f:id:gosyuintabi:20180603000811j:plain

窓のところに「紙での受付はお断りしております」との貼り紙があり、書置きのものを・・というのはやっていないみたいです

逆パターンは良くありますけどこういうのは初めてですね

御朱印料はお気持ちでとのことでしたので300円おさめました

 

泉岳寺御朱印

f:id:gosyuintabi:20180603000914j:plain

挟み紙は御朱印の由来と、注意を書いてくださっています

f:id:gosyuintabi:20180603000942j:plain

 

泉岳寺御朱印

赤穂義士デザインの御朱印帳があります

最近でたもの?のようですが値段とサイズは確認し忘れました

(サイズは小さめとの情報あり)

f:id:gosyuintabi:20180603001622j:plain

 

 

境内散策

山門前にあった境内図

f:id:gosyuintabi:20180603232932j:plain

 

中門

f:id:gosyuintabi:20180603233137j:plain

地下鉄泉岳寺駅から3分ほど歩くと中門が見えてきます

本来は総門・中門・山門の三門があったそうですが、現在総門はないらしいです

昭和初期に修理されていますが、元は天保7年(1836年)に再建されたもの

 

大石内蔵助吉雄銅像

f:id:gosyuintabi:20180605223103j:plain

 

 

山門

f:id:gosyuintabi:20180603233220j:plain

中門から山門までの参道には、お土産屋さんや臨時授与所などがありにぎやかではないものの参道らしい光景が広がっていました

山門は天保3年(1832年)に再建されたもので二階部分には十六羅漢を安置、一階部分の天井には銅彫大蟠龍があります

 門は通ることができないので龍には気づきませんでした

 

本堂

f:id:gosyuintabi:20180603233600j:plain

f:id:gosyuintabi:20180603233631j:plain

山門は真ん中を通れないので左から回り込むと、本堂が見えます

正面入り口に「獅子吼(ししく)」と書かれた扁額があり、これはお釈迦様の説法のことを指しているそうです

f:id:gosyuintabi:20180605223739j:plain

けっこう響きがかっこいい

 

寺務所

 f:id:gosyuintabi:20180605222754j:plain

寺務所の右側に写経できるテーブルがあります

屋外ですが。

f:id:gosyuintabi:20180605222858j:plain

f:id:gosyuintabi:20180605222921j:plain

何種類かのお経の用紙がありましたが、それぞれのほんの一文のみをなぞり書きするスタイルのようでした

 

その他

 写真には納めませんでしたが、赤穂義士墓所をはじめ首洗いの井戸や血染めの梅・石などやはり赤穂義士の討ち入りに関するものも結構ありました

境内の赤穂義士記念館で勉強してからいきたいものです

 

参拝日記

(平成30年4月7日)

実は歴史好き・・というわけではないので、赤穂浪士の討ち入りなども一般的に知られている範囲でしか知りませんでした

参拝した日はちょうど寺宝公開の最終日で、普段ははいれない本堂内に掛け軸や襖絵などが並べられ一つずつ間近でみることができました

 

 

素盞嗚神社 ~伊豆稲取の石段ひな飾り~

f:id:gosyuintabi:20180524220317j:plain

 

(参拝日:平成30年2月24日)>この記事です

 

素戔嗚神

素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)は静岡県賀茂郡東伊豆町稲取にある神社です

御祭神は素戔嗚命で創建は境内の石碑によると元和3年(1617年)、最近では稲取の雛のつるし飾り祭りの時期に参道の石段を使った段飾りをやっていて話題になっている神社です

 

アクセスは伊豆稲取駅から徒歩10分、海沿いにある雛の館むかい庵駐車場を利用することもできます

ホームページは静岡県神社庁のページだけで、御祭神と鎮座地以外の情報はありませんでした

素戔嗚神社/静岡県神社庁

 

御朱印

2018年は段飾りの実施期間のみ、境内で御朱印をいただくことができました

この期間限定、とあるので通常はないのかなと思います

f:id:gosyuintabi:20180524222351j:plain

墨書きは印刷ですが、ひな人形の朱印はその場で押してくださっていました (300円)

階段上がって左、と看板にありましたがこの日は石段下で受け付けていました

f:id:gosyuintabi:20180524222238j:plain

 

素戔嗚神社の御朱印

f:id:gosyuintabi:20180524222024j:plain

朱印のデザインが鳥居と雛の段飾り、中央の神社名から少しずらして押してくださっているところが心憎い(笑

 

 

境内散策

鳥居

海沿いの道路から線路をくぐり急な坂をのぼると一の鳥居

f:id:gosyuintabi:20180524222620j:plain

 

すぐ横に由緒石碑があります、結構新しく見えましたがすでに17年前でした

f:id:gosyuintabi:20180524222642j:plain

 

一の鳥居から二の鳥居までの石段

ひな祭りの時期は圧巻の段飾りです

f:id:gosyuintabi:20180524222745j:plain

 

本殿

木々に囲まれて普段なら落ち着きのあるであろう本殿

f:id:gosyuintabi:20180524223004j:plain

f:id:gosyuintabi:20180524222856j:plain f:id:gosyuintabi:20180524223430j:plain

 

二の鳥居から見下ろしてみます

f:id:gosyuintabi:20180524222940j:plain

 

境内社三峰神社

一の鳥居のすぐ横を左に上がると境内社三峰神社

f:id:gosyuintabi:20180524222914j:plain

 

参拝日記

(平成30年2月24日)

河津の桜まつりに合わせて稲取の雛祭りにも出かけてみました

河津が満開にはまだもう少し、といったところでしたが稲取はまさに満開

こちらのほうが少し早いようでした

素戔嗚神社の段飾りは(屋外なので当然ですが)毎日飾り付けて毎日片づけをするとのこと

2014年から始まり徐々に寄付などで数が増え今年は118段320体で日本一の段数を名乗っています

ちなみに同じく伊豆の伊東市にある佛現寺でも同様の段飾りを行っていて、こちらも2018年の段数は118段(笑)

ただこちらは1000体近いひな人形が飾られるのと階段は途中で曲がっているので見え方は違いそうですね

この二つの段飾りは佛現寺で110段(いとう=110)から始まり2014年に素戔嗚神社が48段、翌2015年に階段をいっぱいに使って117段=日本一としたところ2016年からは佛現寺が118段にして日本一を奪還、2018年は両者118段で並んでいるそうです

 

神社については由緒などがあまりわからなかったのがちょっと残念

来年は伊東→稲取の順で見てみたいなと思います

 

f:id:gosyuintabi:20180524225035j:plain

ちょうど電車からも雛段が見えるので、飾り付けの時期は電車も徐行してくれるのだとか 

 

池上本門寺春祭り 五重塔特別開帳(2018/4/7~4/8)

(平成30年4月7日参拝)

 

またしても池上本門寺です

お釈迦様の誕生日、花まつりに合わせて池上本門寺では五重塔の内部を特別に御開帳する春祭り・五重塔祭りが毎年4月の第一土曜日・日曜日に行われます

(2018年は4/7(土)と4/8(日)でした)

御首題も五重塔バージョンの特別なものをいただけるということで行ってまいりました

 

池上本門寺の紹介メイン記事はこちらです

gosyuintabi.hatenablog.com

 

参拝したのは4/7(土)

大きなお祭りっぽいし人出がすごいかなと覚悟していきましたが想像ほどではありませんでした

参道もいつもとそんなに変わらないかんじ、さすがに五重塔前は人が多かったです

 

仁王門に特別開帳の看板

f:id:gosyuintabi:20180512233251j:plain

 

花まつりのセッティングがされている大堂にお参りして五重塔

f:id:gosyuintabi:20180512233423j:plain

 f:id:gosyuintabi:20180512233353j:plain

 

春祭り限定御朱印・御首題は五重塔の前でのみ受けることができ、いつもの総合案内所や大堂内では通常の御朱印・御首題をいただくことができます

せっかくだったので、御朱印帳に東国花の寺の御朱印をいただこうと思ったら本門寺では東国花の寺の御朱印は差替えの書置きのものだけということでした

f:id:gosyuintabi:20180512234049j:plain

 

この日は結構風が強くて、季節を過ぎた桜の木から軸のようなものが降り注いでいました(笑)

五重塔前では塔の歴史や構造など結構面白い話を聞かせていただきました

最後には特別お守りの営業(違)も始まって、その話がまた面白いのが印象に残りました

f:id:gosyuintabi:20180512233511j:plain f:id:gosyuintabi:20180512233547j:plain

 

五重塔前に限定御首題・御朱印の受付とお守り等の取扱いブースが設けられていました

御首題帳を渡してしまうので行列にはならないけど待ち時間は30分くらいでした

f:id:gosyuintabi:20180512234515j:plain

 

f:id:gosyuintabi:20180512234553j:plain

 

そうそう戻った時に大堂前にこぞうくんの着ぐるみが来ていました

一緒に写真とらせてもらいましたよー

何気に着ぐるみのクォリティが高いです、かわいい(笑

f:id:gosyuintabi:20180513202633j:plain

 

 

 

川津来宮神社(杉桙別命神社)、樹齢千年以上の大クスの木は圧巻

f:id:gosyuintabi:20180507000151j:plain

 

参拝日

(平成29年2月18日)>参拝日記はこちら

(平成30年2月24日)※この記事

 

川津来宮神社(杉桙別命神社)

 

川津来宮神社(かわづきのみやじんじゃ)は別名を杉桙別命神社(すぎほこわけのみことじんじゃ)という静岡県賀茂郡にある延喜式内社です

どちらかというと来宮神社のほうが別名な感じもします

御祭神は杉桙別命で創建は不明ながら古代から鎮座するとのこと

杉桙別命はどのような神様なのかあまりわからなかったのですが、神社に伝わる行事から逸話を知ることができます

 

「鳥精進酒精進(とりしょうじんさけしょうじん)」

『杉桙別命が酒に酔い、野火に囲まれた時、たくさんの小鳥たちが羽に水を含ませて火を消し、野火から命を守ったという故事』に由来して12月18日から23日まで鳥肉や卵を食べず、酒も飲まない「鳥精進・酒精進」という風習が残っているそうです

 

アクセスは伊豆急行河津駅から徒歩約12分、境内前に駐車場もあります

ただ、河津桜まつりのシーズンは周辺がかなり込み合うため注意が必要です

 

 

御朱印

鳥居左手の社務所にていただきました(300円)

祭りシーズンなどは本殿手前の授与所が開いていますが、御朱印社務所にて。

 

川津来宮神社御朱印

平成29年にいただいたものです

f:id:gosyuintabi:20180507001352j:plain

 

式内社名が杉鉾別命神社、ということなのかな? 

 

 

境内散策

本殿

f:id:gosyuintabi:20180507234939j:plain

 

大クスの木

f:id:gosyuintabi:20180507235036j:plain

 

その他

大クスの木の左には境内社がいくつかあります

また来宮神社から駅方面に少し歩いたところに所管する姫宮神社があるとのことですが、こちらも「佐々原比咩命神社」とされる式内社になるそうです

 

 

参拝日記

(平成30年2月24日)

ここ数年、河津の桜まつりに出かけています

来宮神社河津桜の原木のところから河津川沿いの桜並木に出るちょうど途中にあり立ち寄る方で結構賑わいます

大クスの木は参道の鳥居のところにもありますが、本殿左奥のものは近くへは寄れないもののものすごい迫力を感じます

12月の神事や近くの姫宮神社へもまたの機会に行ってみたいと思いました

 

 

日蓮宗 由緒寺院 本山 本行寺

f:id:gosyuintabi:20180427234731j:plain

 

(参拝日:平成30年2月14日)

 

池上本門寺のあと、本坊本行寺へ

晴れていたので写真もときれいに撮ることができました

 

 

日蓮宗 由緒寺院 本山 長崇山 本行寺

本行寺は東京都大田区池上にある日蓮宗の寺院です

こちらは日蓮聖人が1282年(弘安5年)10月13日に病没した池上宗仲の館跡にあたり、東京都指定旧跡・日蓮上人入滅の旧跡になっている寺院です

創建は1283年(弘安6年)(日蓮聖人御入滅の翌年)でご本尊は一塔両尊四士(塔=「南無妙法蓮華経」と書かれた宝塔 両尊=釈迦如来 四士=上行菩薩無辺行菩薩浄行菩薩安立行菩薩

札所等ではありませんが、池上三院家の筆頭と池上法縁五本山の一つでもあります

 ※池上三院家(さんいんげ)=本行寺・理境院・照栄院

 ※池上法縁五本山=大坊本行寺・真間弘法寺・鎌倉妙本寺・藤沢瀧口寺・龍水山海長寺

アクセスは東急池上線池上駅」又は都営浅草線西馬込駅」徒歩10分

お寺のホームページはこちらです

www.hongyozi.or.jp

 

 

御首題

御首題・御朱印は本堂左手の客殿・庫裏入口にある寺務所窓口にていただきました

300円以上でのお納めとのことです

 

本行寺の御首題

f:id:gosyuintabi:20180505231913j:plain

鶴林之霊場、とあり、鶴林とはなんぞや?(o・ω・)と調べてみたところ、同寺の式場である建物「鶴林殿」のところに解説がありました

 

 「鶴林」とは、お釈迦様の涅槃(ねはん)が、沙羅双樹の森一面に白い花が咲き乱れ、まるで鶴が降りてきたような光景であったことに由来する言葉です。

 

 

 あと墨移り防止のための挟み紙も、こんな印刷のものをいただきました

f:id:gosyuintabi:20180505232858j:plain

 

御朱印

以前ご紹介しましたがオリジナルの御朱印帳があります

(青・赤各2000円)

f:id:gosyuintabi:20180217003830j:plain

 

 

境内散策

境内はとてもきれいに整備されていて気持ちの良いお寺でした

 

赤門(山門)

f:id:gosyuintabi:20180505232334j:plain f:id:gosyuintabi:20180505232758j:plain

 

本堂

f:id:gosyuintabi:20180505233653j:plain

 

御臨終の間

f:id:gosyuintabi:20180505233723j:plain

日蓮聖人が御入滅された部屋の跡地に建てられたお堂で、堂内には「立正安国論」を講義された際に寄り掛かられた柱が残されています

このお堂は自由に上がることができ、お寄り掛かりの柱にも直接触れることができます

御首題にも書かれている「自鏡満願之祖師」はこのお堂の中央にある「自鏡満願の祖師像」で鏡を見て自ら刻まれたものとのこと

鎌倉時代の鏡ってどんな移り具合だったのかなー?

 

寺務所

f:id:gosyuintabi:20180505234747j:plain

結構新しい建物です

ガチャガチャ(中身はお寺関係)が並んでいるのが結構なカルチャーショックでした(笑

 

 その他

池上本門寺の子院とのことですが、境内はとても広く(そしてきれい)で他にもさまざまなお堂などがあります

特に日蓮聖人御入滅の際に季節外れの花をつけたという「お会式の桜」や身延からの到着翌日に日蓮聖人がその水で墨を擦って御礼状をしたためられたという「御硯井戸」などまた次回ゆっくりと回ってみたいと思います

 

 

感想

御臨終の間に自由に入ることができたのはちょっと驚きでした

境内はとてもよく整備されていて、良い天気と合わせてとても気持ちよくお参りすることができました

こちらで御首題をお願いした際、お寺のパンフレットと朗師講スタンプラリーの小冊子をいただきました

いずれこちらにあるお寺を回ってみたいと思います

 

 

 

 

 

再び池上本門寺へ、今回は境内をゆっくり回りました

(平成30年2月14日参拝)

 

法華経寺の御首題帳をもって、池上本門寺へ再び参拝しました

前回時間がなくて回れなかった場所をいろいろ回ってきました

 

池上本門寺の紹介メイン記事はこちらです

gosyuintabi.hatenablog.com

 

 

今回も池上駅から本門寺通りを進みます

駅前と参道には名物なのかくずもちのお店が何店かありました

平日のせいか参道は人も少なく静か、途中参道の石碑を見つけました

f:id:gosyuintabi:20180425215201j:plain f:id:gosyuintabi:20180425215248j:plain

 

大石塔が見えるところに来ると改めてお寺高いところにあるんだなぁと思います

石段結構きついですしね(o・ω・)

f:id:gosyuintabi:20180425215529j:plain

 

総門をくぐり「此経難持坂(しきょうなんじざか)」へ

「此経難持」は法華経の第十一章、宝塔品の一節で「この(法華)経はたもち難い経である」という意味から始まる96文字の経文です

寄進した加藤清正公はこの経文にちなんで石段を96段としました

桜の時期には早いですが、石段の脇にはきれいな花が咲いていました

f:id:gosyuintabi:20180425215808j:plain f:id:gosyuintabi:20180425215825j:plain

f:id:gosyuintabi:20180425222244j:plain

 

立派な仁王門をこえて大堂へ

再びこちらで御首題をいただきます

f:id:gosyuintabi:20180425220450j:plain f:id:gosyuintabi:20180425220541j:plain

 

f:id:gosyuintabi:20180425220600j:plain 

前回なかった「如説修行 功徳甚多」の文字

 

大堂を回り込んで進むと本殿があります

こちらには釈迦牟尼仏坐像をはじめとする諸像やアントニオ猪木がモデルの前仁王像があります

f:id:gosyuintabi:20180425222042j:plain

 

本殿の裏手には日蓮聖人御廟所があります

ここまでくると誰とすれ違うこともなく静かです

f:id:gosyuintabi:20180425222215j:plain

 

本殿の入り口まで戻り、右に折れると車道の向こうに本坊への階段があります

そこを進むと多宝塔があります

ここは日蓮聖人御入滅の際の御荼毘所です

f:id:gosyuintabi:20180425222607j:plain f:id:gosyuintabi:20180425222710j:plain

 

このあと多宝塔の先にある本坊本行寺へと向かいます

 

 

日蓮宗 霊跡寺院 大本山 中山法華経寺

f:id:gosyuintabi:20180423234004j:plain

 

(参拝日:平成30年2月14日)

 

御首題帳を探しに行こう、の記事でいろいろ調べた結果、オリジナルの帳面を置いているという法華経寺へ行くことにしました

法華経寺霊跡寺院大本山日蓮聖人が初めて開かれた寺院です

また江戸三大鬼子母神の一つ中山鬼子母神が本院の奥に祀られていて、安産・子育ての祈願としても有名なのだそうです

こちらのお寺には国宝である日蓮聖人真筆の「観心本尊抄」と「立正安国論」をはじめ多数の文化財が収められています、立正安国論とか日本史で習ったことはありましたが本物がまだ残っているなんて初めて知りました

平日の参拝だったため人も少なくゆっくりと回ることができました

 

日蓮宗霊跡寺院 大本山 正中山 法華経寺

中山法華経寺は正式名称を正中山 法華経寺といい、千葉県市川市にある日蓮宗大本山です

文応元年(1260年)創建で、後の14年(1545年若宮法華寺と中山本妙寺を一つの寺院として正中山法華経寺となりました

ご本尊は十界曼荼羅日蓮聖人霊跡寺院であり、東国花の寺百ヶ寺 千葉3番札所(ソメイヨシノ)でもあります

アクセスはJR下総中山駅徒歩10分、または京成中山駅徒歩5分

境内に駐車場もあり、近隣のコインパークもいくつかありました

公式サイトはこちらです >http://hokekyoji2101.wixsite.com/nakayama

 

 

御朱印・御首題

御首題は4つのお堂と奥の院合わせて5ヵ所でいただくことができます

それぞれ御朱印もあるかもしれません、東国花の寺の札所ですのでそちらもあると思いますが私は日蓮宗での御朱印は頂いていませんので詳しいことは聞きませんでした

東国花の寺は別枠でいただくのもありかなーと最近は思っています

御首題については池上本門寺と同じく金額は思し召しで・・ということでした

各お堂では人がいるときであれば御首題をいただけますよと本院の方に教えていただきました

 

本院の御首題

f:id:gosyuintabi:20180423224538j:plain

本院でいただいた御首題です

オリジナルの帳面の最初にいただきました

 

祖師堂の御首題

f:id:gosyuintabi:20180423224656j:plain

国指定重要文化財の祖師堂(大堂)でいただいた御首題です

ぺんてるの筆ペンを硯につけていたのが妙に印象的でした(´・ω・`)

 

刹堂の御首題

鬼子母神十羅刹女・大黒尊天を祀るお堂です

 次回の参拝でいただきたいと思います

 

宇賀神堂の御首題

寺院の守護神とされる宇賀徳正神が祀られています

次回の参拝でいただきたいと思います

  

奥の院の御首題

法華経寺の発祥の地とされる奥の院です

次回の参拝でいただきたいと思います

御朱印帳等

f:id:gosyuintabi:20180423225718j:plainf:id:gosyuintabi:20180423225743j:plain

本院の受付でいただいた御朱印帳(1,000円)です

絹目の表紙に祖師堂と五重塔がデザインされています

 

 

境内散策

 

総門

JR下総中山駅から緩やかな登りの参道を進むと市川市指定重要文化財の総門が見えてきます

f:id:gosyuintabi:20180423234213j:plain

全く関係なく、営業前だったのですが総門の先にあったこちらのお店がとても気になりました

鶏男のとなりにつるされる馬男ヾ(o・ω・)

f:id:gosyuintabi:20180423234300j:plain

 

三門

坂を上り切ると巨大な三門があります

寺標石の金色の南無妙法蓮華経の文字が印象的です

また山門の右手には立正安国論を説く日蓮聖人像があります

f:id:gosyuintabi:20180423234529j:plain

f:id:gosyuintabi:20180423234657j:plain f:id:gosyuintabi:20180423234726j:plain

近くには「いちかわ歴史の散歩道」というタイトルのイラスト看板がありました

(クリックで拡大します)

f:id:gosyuintabi:20180423234851j:plain

 

三門をこえると参道は石畳の下り坂になり、支院や土産店が並びます

龍渕橋を超えると正面に五重塔が見えます

f:id:gosyuintabi:20180423235157j:plain

 

祖師堂

最初に見えるのが祖師堂です

こちらは国指定の重要文化財

f:id:gosyuintabi:20180423235408j:plain

 

五重塔・大仏・鐘楼

祖師堂の先に五重塔・大仏・鐘楼があります

鐘楼はあがることはできませんでした

f:id:gosyuintabi:20180423235555j:plain

f:id:gosyuintabi:20180423235628j:plain f:id:gosyuintabi:20180423235648j:plain

 

大荒行堂

11月から2月にかけて荒行を行うということです

どんな修行なのだろう・・・

f:id:gosyuintabi:20180423235917j:plain

 

本院

客殿となる本院で、奥には鬼子母神を祀る鬼子母神堂につながっています

f:id:gosyuintabi:20180424000022j:plain

 

聖教殿

本院から少し戻り、立正安国論などがおさめられているという聖教殿へ

全く人がいなくて少し寂しい感じもしました

f:id:gosyuintabi:20180424000252j:plain

 

刹堂

 

宇賀神堂

f:id:gosyuintabi:20180424000700j:plain

 

法華堂

すぐ前の四足門のところにきれいに花が咲いていました

f:id:gosyuintabi:20180424000730j:plain f:id:gosyuintabi:20180424001301j:plain

 

大日稲荷

f:id:gosyuintabi:20180424000956j:plain

 

稲荷あたりまでくると境内でも少し高い位置にあり五重塔を同じ高さで眺められます

f:id:gosyuintabi:20180424001127j:plain

 

奥の院

本院まで戻り駐車場を抜けると奥の院への案内板があります

住宅街を抜けて10分くらいですが、途中案内石碑もあって迷わずたどり着けます

f:id:gosyuintabi:20180424001443j:plain f:id:gosyuintabi:20180424001503j:plain

f:id:gosyuintabi:20180424001532j:plain

 

参拝を終えて

参拝した日はちょうど「中山のひなまつり」直前で、町中で雛飾りの準備中でした

本院でも鬼子母神堂への通路にいくつもの段飾りが飾り付けられているところでした

境内はとても広く、また次の機会にもゆっくり回りたいと思いました

あまりネガティブなことは書かないことにしているのですが、今回は本院→祖師堂で御首題を書いていただいたのですが、祖師堂では書きながらずっと雑談をされていて少し滅入ってしまったことがあり残りのお堂・奥の院のものをいただくのをやめてしまいました

僧職の御親戚の受験する高校はどこも定員割れが多いという知識を得てしまいました (´・ω・`)

 

また近くに行く際に立ち寄れたらなと、あと次は参道のお茶屋さんでお団子をいただきたいなと思います(笑)